職種一覧JOB CATEGORY

フロント

坂井里佳

入社4年目
カスタマーサポート ほっと保険
フロント

1日のスケジュール

  1. 08:30部門朝礼
  2. 09:00始業
  3. 10:00ご納車、書類対応
  4. 11:00入庫受付 見積作成
  5. 12:00お昼ごはん
  6. 13:00ご購入いただいたお客様へ保険商談
  7. 15:00休憩
  8. 16:00書類送付準備
  9. 17:00保険商談・電話対応
  10. 19:00残業務確認・終礼
  11. 19:30退社

あなたが担当している仕事内容は?

私の仕事は、端的に言うと当社でご購入いただいたお客様に保険の提案をすることです。
具体的には、営業スタッフが販売したタイミングで一緒に損害保険の提案や、今加入されている保険のご相談にのります。お車の販売時だけではなく、車検でご来店された方やメンテナンスで来られた方にも同じようにご相談にのり、家族構成や用途に応じて提案をしています。また、既存顧客様の契約の手続きや条件変更などの対応、オイル交換などの点検予約の電話対応も行っています。

どのようなことに意識して仕事に取り組んでいますか?

正確かつ豊富な商品知識と、お客様から自分自身を気に入っていただき、信頼していただくことを意識しています。

私が取り扱っている自動車保険は、車と違い「目に見えない」無形商材です。そして、この自動車保険をお客様が利用なさるタイミングは「お客様が事故にあわれた時」です。万が一の時でも、お客様自身とその後のカーライフをお守りすること。そのために、まずは間違いのない知識と、年齢やお車の種類によって数多くあるプランの中からベストな提案をする事を心がけています。また、お客様のこれからのカーライフをお守りするからこそ、「信頼関係」が非常に大切になってきます。社会人として当たり前のマナーや、お客様に寄り添った接客…『坂井さんだからこそ任せたい』と言っていただけるよう、新しいお車やカミタケだけでなく、私自身も含めて気に入って任せていただけるようなハートフルな対応を心がけています。

あなたの仕事への誇りを教えて下さい

私にとって「保険」という商材を扱っていることが誇りです。
なぜかというと、まず1つはお客様のカーライフにとって自動車保険はなくてはならないものだからです。保険は、お客様が事故に合われた際に資金的に全面的にサポートできるものでもあります。そのサポートによって、事故後お金の心配なくしっかり病院に行けたり、お車の修理を無償・もしくは少ない費用で行うことができます。万が一に備えて加入するものだからこそ、提案する私たちにプランのお伝え間違いや、加入時の入力間違いなどのミスは一切許されません。プレッシャーももちろんありますが、その分、お客様からの「本当に助かった、ありがとう」というお言葉や、事故に合われた際にお守りできた時、本当によかったとほっとする気持ちと、お役に立てたという実感がこの仕事のやりがいだと感じています。2つ目は、この保険事業が創業当初からの事業であったという点です。会長の奥さんが必死に守り、今のカミタケモータースのほっと保険の基盤を創り上げてきました。たくさんの想いがあるこの「保険」を、仲間と共により大きく、強くしていく。仕事を通して切磋琢磨しながら、お客様に寄り添った対応ができる、この仕事が誇りです。

あなたの仕事でとても嬉しかったエピソードを教えてください

1番嬉しかったのは、保険の契約件数で全店のトップになれたことです。尊敬する先輩が多く、どうしても契約件数で追い越せない日々が続く中で、毎朝提案のロープレと商品の勉強をした努力が実った瞬間でした。そして、なによりトップを獲って保険部のみんなや他部署の人たちが自分の事のように喜んでくれ、すこし恥ずかしさもありましたが本当に嬉しかったのを覚えています。自分を育ててくれ、今まで支えて下さった方に対して、結果を出すことで感謝を伝えられたことが本当に嬉しかったです。

あなたの仕事でとても悔しい想いをしたエピソードを教えて下さい

2度出場した、損保ジャパン日本興亜主催の代理店全国ロープレ大会にて日本一を獲得できなかったことです。この大会は、全国の代理店における顧客対応力を競う大会なのですが、私は2度とも全国2位という結果で終わりました。1度目は全大会で日本1位を獲得している先輩に続き、カミタケ3連覇をかけていました。2度目はリベンジをかけて。人生の中で一番努力したからこそ、本気で悔しかったです。今ではこのくやしさをバネに、契約件数トップやお客様満足度アップを目指し日々の業務に取り組めていると感じます。

あなたから見たカミタケモータ―スとはどのような会社ですか

愛とスタッフへの熱い想い、そしておせっかいに溢れる会社です(笑)
社長が食堂でみんなとお昼ご飯を食べているときに何気なく、「みんながそれぞれの夢や目標を叶えて幸せになること、それが自分の幸せ」と話しているのを耳にしました。そのフレーズだけ聞くと、綺麗事や理想論に聞こえるかもしれません。ただ、この会社で働く中で、そして社員のみんなと関わる中で、本当に社長がそう願い、会社としての文化になっているのだと感じます。会社として利益・結果を追求するだけでなく、スタッフ一人一人の幸せをどうしたら叶えられるか、長所を伸ばして輝くためにはどうしたらいいか、とことん向き合ってくれる会社です。時にはおせっかいになるほど踏み込んで喧嘩するなんて、この会社でなかれば経験しなかったと思います。でもそのおせっかいに相手を想う気持ちと、その人への愛があり、だからこそ全国トップクラスの結果が出せる。そんなあったかい会社だと思います。

最後に学生へ熱いメッセージを!!

これから約40年間、みなさんは社会に出て働きます。どんな会社で・どんな人たちと・どのように働くのが幸せでしょうか。きっと1人1人違うと思います。だからこそ、会社の規模や知名度に縛られず、自分が想う幸せを追求してください。私が就活生だった時、カミタケであれば私という存在を認めてもらえ、そして活躍でき、愛される人になれると信じて入社しました。その決断は今でも間違っていないと思っています。そんな中でする仕事が本当に楽しくてたまらないです。みなさんも人生に一度きりの決断を、ありのままの自分で挑んでください。応援しています!